事業承継の難しさと、意外な解決の手段

事業承継の難しさ

近年、中小企業にとって後継者に事業を引き継ぐ事業承継問題が大きな課題としてクローズアップされています。経営者に子供が居ても、事業承継させるべきかは経営者も、その子も悩むのが普通です。 経営者は、自分が必死で守り育てて来た企業を、子供等に引き継いでもらいたいと言う想いと、自分と同じ苦しみを子供にはさせたくないと言う想いの間で揺れ動きます。 また子供の側からすれば、折角親が苦労して守り育てて来た事業を引き継ぎたい思いもある一方で、親の企業に縛られる事無く自由に生きたいと言う想いの間で揺れ動くのです。 こうした事業承継問題は、いつか訪れる課題であり、早い段階からコンサルタントを入れて準備を進める事が重要と言えます。 事業承継問題では、経営者とその子供の問題だけでなく、事業を畳めば、従業員とその家族を路頭に迷わせると言う経営者の責務にも関わる為、より一層悩ましい課題となるのです。 これが事業承継問題の難しさなのです。しかし、そんな悩ましい事業承継問題の一つの解決方法としてM&Aが有効です。従業員を含めてまるごと事業を他の企業に買収してもらうM&Aと言う解決手段が増えているのです。

事業承継 意外な解決の手段

M&Aと言えば、大企業間の話だと思われがちですが、もちろん中小企業でも可能です。しかし大企業の様に経営状況が広く知られていない中小企業においては、相手企業を探し最適なM&Aを斡旋してくれコンサルタントに仲介してもらう事が必要不可欠となります。 もちろん、経営状況がそこそこで、買収側の企業にとって価値のあるキラリと光るものがなければM&Aを実現する事は難しいとも言えますが、事業承継問題の解決手段として有効な方法となっているのです。 様々な想いを持ちながら子供に無理やり引き継がせたり、従業員に迷惑は掛かるものの廃業の道を選ぶと言う2者択一ではなく、M&Aと言う第3の道がある事も頭に置き、早い段階からコンサルタントに入ってもらい、準備を進める事が大切と言えるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。