事業承継ネットワークはどんなメリットがある?

事業承継ネットワークはどんなメリットがある?

事業承継ネットワークは、現在の事業主の年齢が65歳以上になったときに諸所事情によって後継者が不在という状態になった時に自治体が率先して紹介し長期的な事業継続を目指す取り組みのことです。この取り組みが始まった背景にあるのが、近年の日本の社会問題になっている各地方で育っている事業の後継者不足といえます。 その理由の一つには若い世代が東京を含む都市部に行ってしまうことですが、もうひとつ問題なのが地元にも働き場があるのに知名度がないためにスポットライトが当たらないことです。 地元に根差した産業なのに知名度がないために産業が廃れてしまうのは勿体ないことであり、いちど廃れた文化は簡単に復活するのは容易ではないといえます。そこで地方の新しい取り組みとして始まった事業承継ネットワークは、各自治体と商工会議所と銀行そして公的機関と専門家が垣根を超えて協力し合い事業継続する道筋を作るのです。     各自治体と商工会議所が自治区の産業を把握して、それを様々な情報ネットワークを介して広めます。情報ネットワークを介して広まった情報をもとに、地元で仕事を探している人もしくは都市部に散らばった若い世代が受け取り興味を持ってもらうのです。ただ興味を持ってもらったからといって後継者になってくれるとは限らず、ここで重要なのが融資や収入の話になります。 いくら興味があっても自身の能力不足で融資が受けられないのであれば継続が難しいのと、収入面での問題がクリアできなくては安定した生活を送ることもできないです。そこで公的機関が培ったノウハウを紹介して、始めた間もない若い後継者を育てるための道筋を作り時間をかけて技術向上を目指させます。そして融資や収入については、銀行が協力することによって信頼を担保に事業が安定するまでの間は多額の資金を融通するという形をとります。事業承継ネットワークを活用するメリットとは、若い世代を地方に戻す力になるだけでなく事業の継続と発展を見込めるということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする